<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
 プロフィール
 リンク
** 高城先生のHQコミックス*
電子書籍で発売中♪

「眠れぬ夜の過ごし方」


Amazon (Kindle)
ロマンスライブラリYahoo!ブック

**************************

「七年目の誘惑」


Amazon (Kindle)
ロマンスライブラリYahoo!ブック

**************************

「愛の配達人」


Amazon (Kindle)
ロマンスライブラリYahoo!ブック

**************************

「午後五時が待ち遠しい」


Amazon (Kindle)
ロマンスライブラリYahoo!ブック

**************************

「さまよえる花嫁」


Amazon (Kindle)
ロマンスライブラリYahoo!ブック

**************************

「天国へのチケット」


Amazon (Kindle)
ロマンスライブラリYahoo!ブック

**************************

「砂漠に降る雪」


Amazon (Kindle)
ロマンスライブラリYahoo!ブック


 Twitter

               
記事カテゴリー
     
最新記事
 コメント
 過去ログ
   
 このブログ内の検索
<< 診断結果☆ | main | 夜桜♪ >>

高城先生のHQコミカライズは 「眠れぬ夜の過ごし方」他、
現在7作品が電子書籍として配信中です!!
「砂漠に降る雪」も紙のコミックスで発売に!!

他、高城先生のハーレ6作品、「ヴァンパイア・クロス」
◇◇◇「嵐のデスティニィ」も電子書籍で発売中ー♪♪


MRI検査
先日受けたMRI検査。

私のは、骨盤腔MRIというものだったんですけども。
MRI自体が初めてだったので、ちょっと記録を兼ねて体験記?など(^^;(笑)

そういえば一応お腹を撮るのに食事制限は一切なかったんですが、朝イチだったこともあって(その時間は普段は寝てます/笑)朝食は食べずに行きました。

そしてMRIは「強力な磁石と電波を使って身体の内部(断面)を画像化する検査」なので、金属類は一切NG☆
時計やヘアピン、下着のホック等もダメ。ということは知ってましたが、何と濃いメイクも!
マスカラ、アイライン、アイシャドウ等には微量の金属が含まれるものがあって、それに反応することがあるそうで。
(↑等は、私は元々あまりつけないので、軽くファンデだけ)

もちろんアクセサリーも無し、インナーはノンワイヤー&肩ひもの調節具の無い物を着用。
よし、あとは検査着に着替えればOKよね♪と思っていたので、技師さんの入念な金属チェックの際にも「ありません、大丈夫です〜〜」と言ったら、
技師さん「はい、ではそのままで結構ですので。こちらで待機してください」とのことで。

…えっ  私服のまま!? 検査着とかに着替えないの!?(@ @;)

「すいません! だったらスカートのフックとファスナーがっ☆」

ということで、上は薄手のタートルネック、下は借りた検査着のズボンという妙なカッコで撮影することになりました(^^;(笑)
(しかし、ドラマでも私服でMRI撮ってるのって見たことないけどな〜)

そして検査の前に、腸の動きを止めるためにブスコパンという筋肉注射を接種。
うん、私も腸までは止められません(笑)
その他、造影剤を入れる場合もあるそうですが、私は無しでした。

それからMRIの検査台の上で横になると、気をつけの体勢に。
お腹に大きな枠?みたいなものを乗せられ、それごと大きなベルトで両手と身体をグルグルと固定〜〜。
「膝も動かないようにしますねー」と、こっちも固定。
(固定というより、ホント拘束(^^;(笑))

「気分が悪くなったり、何かあったら押してくださいねー」と、まっすぐ伸ばしたままの手にブザーを持たせてくれました。

それから検査が始まり、足先からドーム状の装置に入っていくわけですが…

頭の上までスッポリ!☆

実はお医者さんに「閉所恐怖症は無いですか?」と訊かれた時に、
「恐怖症というほどではないけど、狭いのはわりと苦手で。頭まで入らなければ平気と思うんですけど…」というと、
「撮影場所はお腹だし、全部入らなくて大丈夫と思いますよ〜」って言ってたのにーー☆

まあ、入った瞬間に目を閉じて、検査終了まで一回も目を開けずに見ないふりしてましたけど(笑)

そして、聴こえはじめたゴーン、ゴーン、カンコンカンコン、ガガガ…というわりと大きな音。
「おお、これが噂のご近所工事並みの騒音か〜〜」と思いつつ(笑)

そういえば私、防音用のヘッドフォンをしてもらってない!
…もしかして忘れられてる!?(@ @;)

ブザーを押した方がいいのかな… でも想像してたほどうるさくないけど〜〜と思ってたら、
ちょい離れた場所から「では、撮影を始めますー」という(ヘッドフォンをしてたら絶対聴こえないレベルの)声が聞こえてきたので、「あ、ここは装着しないのがデフォなのね」と(^^;)
でもホント、それからも音は全く平気でした〜〜。

そして検査も終了〜〜。撮影時間は30分。
その間ずっと身体を動かせないけど、こちらも私は大丈夫でした♪
(でもクシャミや咳が出やすい時期は難しいですねー、これ(>_<))

ただ検査費用が結構お高い…(^^;)
この日は検査だけだったんだけど、(保険適応、3割負担で)6千円ちょっとかかりました☆

とゆーわけで。今回、
アイメイクもNG!
(金属さえ無ければ)私服での撮影! 
ヘッドフォン無し!
というのがビックリだったんですけども。

その後、周りに聞いたら「私も私服だったよ」「私は胸部CTだけど、同じく」(←大学病院)とのことで。
音に関しても「MRIも新しいのは静かになってるらしいよー」だそうで、知らなかったのは私だけだったのかしら(^^;(笑)

病院によってもホント違うんでしょうね〜〜。
     
| 由莉久見子 | いろいろ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.castle.littlestar.jp/trackback/997991
トラックバック


▲このページの先頭へ